April 2017
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

青空とカリンニコフ

Written by NOV

日曜日の午後、晴天。近所の散歩に行った。歩いていると汗ばむほどに気温が高い。神社や公園の片隅に遅咲きの桜が咲いていた。「青空を見ていたらカリンニコフが聴きたくなった」とTOKOが言ったので、帰宅後、早速プレイした。
 

デ・グレゴーリ追加購入

Written by NOV

先日ドイツのショップから、フランチェスコ・デ・グレゴーリの音盤がさらに2枚届いた。就寝前の耳マッサージ(by TOKO)と、普段まったく食べないモズク(三杯酢もいいし味噌汁に入れても美味い)を食べてからというもの、耳管開放症の症状が少し改善へと向かっている。まだじっくり音楽を鑑賞するまでにはいかないが、耳がポワンとなる回数がだいぶ減った。
 

TOKOの卒業文集

Written by NOV

TOKOが部屋の片づけをしていたら小学校の卒業文集がでてきたという。読ませてもらうと、小学生にしちゃあ....という感じで、ちょっと面白い。卒業作文のほかに「一行寄せ書き」と「夢についてひと言」も書いてあり、どちらも何だか小学生らしからぬ内容。なんとなく、今のTOKOを彷彿とさせる文であり言葉であって、興味深いものがある。
 

17年目のラン開花!

Written by NOV

3月はブログ書いてないな〜と思い、先日ようやく1本アップしたが、そうそう、もうひとつネタがあった。毎年恒例のランちゃんのこと。我が家にランが来てから17年目の今年も、期待を裏切ることなく開花してくれました。17年連続開花!いつも我らの心を癒してくれてありがとう!
 

二人のカンタウトーレ

Written by NOV

耳管開放症は一向に治らん。ずっとポワ〜ンとしているわけじゃないが、音楽を聴こうと耳を集中させるとなぜか、ポワ〜ンが発症する。ゆっくり音楽が聴けないのは、とにかく苦痛。音楽が聴けないと心が癒されない。そんな状態が2ヶ月以上は続いている。
 

本年最初の音盤収穫記

Written by NOV

最近入手した音盤に関する記録。昨年末に購入したサム・クックのソロ・ベスト盤とスペシャリティ時代の音源集、自分お年玉で買ったファブリツィオ・デ・アンドレのライヴボックス、同じくイタリアンのオスカー・プルデンテの初期アルバム、それから昨年中に海外注文してようやく届いたショスタコが数枚、先日購入したR.シュトラウスの交響詩集。
 

耳管開放症

Written by NOV

ひと月程前から耳の調子が悪い。鼻風邪を引いたときに耳がポワ〜ンとなることがあるが、その状態が持続的に発症している。最初は風邪気味なのかなぁ〜と思ってそのうち治るだろうと気にしていなかったが、風邪っぽい症状もあまりないし、3週間以上経った現在も直らない...。
 

ハッピー☆ポンガル!

Written by TOKO

2月4日(土)に江戸川区で催された、南インド伝統の収穫祭《ポンガル》を祝う会に、ヌリッティアンジャリも招いていただきました!在京タミルの方々と共に、タミルの民俗舞踊「パライアッタム(太鼓舞踊)」を披露してまいりました。日印パライ愛好家による夢の共演に、観客もスタッフも出演者も大盛り上がりき
 

スピーカーは一生モノ

Written by NOV

オーディオ機器は魅力的だが、そうたびたび買い替えたりしないのが基本ポリシー。これは資金不足の言い訳でもあるが、しかし特にスピーカーに関しては、運よく気に入ったものに出会えてしまえば、長期にわたり愛用し続けることができる。そんなスピーカーはまさに一生モノ。
 

祝ナマステ☆インディア出演!

Written by TOKO

毎年代々木公園で開催される、日本最大級のインド・フェスティヴァル《ナマステ・インディア 2016》に、昨年9月、とうとうヌリッティアンジャリもデビューを飾りましたっ!そしてイベントに駆けつけてくれた TOKONOV兄貴分の「達兄ぃ」こと達さんが、我らヌリッティのナマステ初舞台を映像に収めていてくれました!
 

続きを読む >>
| 1/15 ページ | 次のページ>>

profile

投稿記事数:147
更新日:2017/04/23

category

chronology

selected entry

favorite site

search this site

function